スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed

革命◇シンデレラ

アッシュとクーシャ
↓↓
馬車を降りたテレジアの目に飛び込んできたのは、アルバンタ王国とは違った賑やかな風景だった。

初めてヴァレリーがこの国に来たとき、彼女が驚いたように、テレジアもまたその光景に目を奪われている。
「テレジア様」
光景に夢中になるテレジアにミゲルの声がかかる。
ミゲルはテレジアに手を差し出した。それにそっと重ねると、その足を踏み出した。

城までは距離がある所で二人が降りたのは、テレジアの希望だった。
すぐそこにヴァレリーがいると同時、ヴァレリーが触れたこの景色にもっと自分も触れていたいと声にした。

「ミゲル」
二人並んで歩いていると、どこからかミゲルを呼ぶ声が聞こえた。
振り向いたそこには、ミゲルと同じような年頃の男が立っていた。それはミゲルにとって知った顔のようだった。
「しばらくだったな」
二人同時にタッチするのは恒例のあいさつのようなものだった。
「あぁ」
するとミゲルに向けられた視線はテレジアへと向けられる。
「その娘は?」
「テレジアと言います。はじめまして」
「よろしく。アッシュでいいよ」

テレジアにとって、このあいさつ事態、初めてであり、新鮮なものだった。
アルバンタ王国では、自分は王女だ。それは幼い頃から決まっていて、そして国中が知っている。
ただあいさつする、それだけの行為にも形式ばったものが使われる。
なのに、目の前で行われたものは、それまでの常識を一瞬で消し去っていった。
そしてそれが、テレジアは嬉しかった。

「なんだよ、お前いつの間に」
アッシュがミゲルを茶化しているのは一目瞭然だった。
茶化される事さえ知らないテレジアは二人をキョトンとして見ている。
「ばかやろうっ、この人はっ・・・・・・」
思わず口にしようとしてはその口をとじたミゲル。
でかかった言葉を喉の奥に飲み込んで、アッシュに、また後で顔を出すと、背中を向けた。

「すいません」
テレジアに無礼な真似をした事を詫びるミゲル。でもその対応にテレジアは大きく首をふった。

ただミゲルの友人にふれただけ。ただ軽く挨拶の言葉をかわしただけ。それがテレジアには嬉しかったのだった。
「この街はとても賑やかですね」
初めてこの国に来たとき、ヴァレリーも同じ事を思った。
「確かにこの国はとても賑やかだけど、アルバンタ王国はとても温かい国だと思います」
ミゲルの言葉を聞いたテレジアは嬉しそうな顔をする。
アルバンタ王国は、貧困状態だった。
それがルイ王子の手によって、今少しずつ変わって行こうとしている。
でもミゲルがアルバンタ王国の事を褒めたのは、それとは関係がなかった。ただただ、アルバンタ王国の民に触れた感想を素直に口にしただけ。それをテレジアが知ってか知らずかは分からないけれど、とにかく嬉しいことには間違いなかった。

「ミゲルっ」
さっき、アッシュが声をかけてきた様に、ミゲルの名が呼ばれた。
二人して振り向くと、肩までのサラサラヘアに耳に大きな輪っかのピアスをつけた、クーシャがいた。
驚くテレジアの目の前で、クーシャは、ぎゅっとミゲルに抱きついていた。

その瞬間、チクリと胸にささった感情があったけれど、それがどうしてかテレジアはよく分からない。

「おい、クーシャっ」
ピタリと張り付いてある体を、なかばムリヤリはがすと、ミゲルは慣れたようにクーシャに一喝した。
けれどこれが日常茶飯事なのかクーシャはめげていなく、ミゲルに二度目の試みをしては、再び拒まれる。

そこでようやく、クーシャはテレジアの存在に気づいた。
先に頭をさげたのはテレジアだった。
頭のてっぺんから、つま先まで見てしまう、どこからどう見ても自分とは異なるタイプのような気がした。
スレンダーな体だけれど、その薄い生地からわかる豊満な胸や、足のほとんどを隠していない短な服。
テレジアからみても、視線のやり場に困る。

「クーシャよ、よろしく」
「テレジアです」

さっきアッシュと言葉を話したときとは、なにか違う。
まだひとことしか話していないのに、どうしてかテレジアは話すことをためらった気がした。

「悪いな、この後用があるんだ」
ミゲルの言葉を聞いたクーシャは流れるようにテレジアの顔をみて、不機嫌が顔に出た気がした。
クーシャの手は、ミゲルの右手を離そうとしない。

「今日の夜、イベントがあるのよ、来てくれるでしょ?」
掴んだ手は、返事をしない限りはなさないと言っている。そしてその返事さへも決まっているかのように。




・・・・To Be Continued・・・・・


ランキングに参加してます。もしよければ、よろしくお願い致します。

スポンサーサイト
Category: 革命◇シンデレラ
Published on: Tue,  04 2015 15:50
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。