リアルタイム: 先輩には、ご注意 !! act 1 - スポンサー広告先輩には、ご注意 !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

先輩には、ご注意 !! act 1

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓
心奈は下唇をぎゅっとかみ締めた。
店を出るまではと、ずっと我慢していた思いが、裏口を通った途端、どっと溢れた――。

「ふっ……くぅ……っぅ……」
バックを両手で握り締めた。頬を通った涙は、顎のラインを通ると、中心に集まり、早い速度でポタリ、ポタリと落ちた。
涙を拭うという、それだけの行為も出来ない程に、心奈は傷ついていた……。
柔らかい心奈のショートヘアーが、ゆらゆらと夏の夜の風に吹かれた。




「今日から、入ってもらう様になった、春瀬 心奈さんだ。皆、よくしてやってくれ」
心奈は、軽く頭を下げた。しかし顔をあげた心奈の表情は、すぐに曇った。
自分を歓迎していない感が、ありありと伝わってくるのだ。その感情を、皆、隠そうともしてない。

しかしまだ、初日だから仕方ないんだと、心奈は思う様にした。

心奈が、ここを見つけたのは、ほんの一週間前の事だった。
生活の為にバイトを探していると言った所、バイトを募集している所があるよと教えてくれた友達が居たのだ。
その日のうちに、どんな店かと入ってみると、わっとなる程の従業員の質の高さだった。まるで、此処の面接は顔で選んでいるのかと思う程だった。
そして、その従業員の心使いにも、感心してしまったのだ。店のホールを回しているのは男性従業員二人と、たまに出てくる女性従業員一人だった。
ひとつひとつの仕草が丁寧で、自分も此処で働きたい。そう思った。だから食事を済ませた後、一人で来ていたと言う事もあって、そのまま会計の時に、募集の事について聞きたい。そう声をかけていた。

面接は簡単なものだった。30歳前後の男性が、面接を担当したのだが、その男性も優しかったので、心奈は安心しきっていた。
そして数日後、電話連絡が来て、採用の通知が言い渡されたのだ。

何処でも、余所者には、風あたりがキツイと言う話は聞くもので、徐々に慣れていけばいい。
そう前抜きに心奈は考える事にしたのだったのだが……。

仕事が始まってみても、誰一人、心奈に仕事を教えてあげようとするものは居なかった。
オロオロとする心奈に、従業員の牧村 迅は、「邪魔だ」と一言、いうなり前を通り過ぎた。
誰だって、初めての職場で、教えもなく、動ける者は少ない。
仕事は見て覚える、が基本の店も確かにあるだろうが、現代的に考えると、やはり新人には教えると言うのが基本だった。

店の中は、全員で従業員は自分を入れて、6人だった。
その5人全員が、心奈に教えてくれると言う、簡単な動作をしてくれなかった。
確かに店内は忙しい。さすが人気店だけはあった。

何をするのかも分からず、教えても貰えず、相変わらず心奈が店内をうろちょろとしていると、男とぶつかってしまった。
「邪魔すんなら、帰れ」
ネームには、高瀬と書いてある。その瞳は酷く冷たいものだった。
「す、すいません」
「つーか、退いて」
心奈の肩にぶつかったと思えば、そのまま何ごともなかったかの様に、仕事をしはじめた。

心奈は勝気な性格ではない。
言いたい事が、あまり言える様な性格でもない、どちらかといえば、我慢してしまう性質だった。
そして、こんなに冷たくされたのも、はじめてだった。
じわっと心奈は、涙目になったけれど、下を向いてごしごしと目を拭った。
(ここは仕事場。しっかりしなくちゃ)
心奈はキョロキョロと店内を見回すと、店内でたった一人だけ居る、女性従業員の真帆の方へ視線をやった。
分からなければ、聞けばいい。そう動いた。

「あっ、あの、何かする事……ありませんか?」
下げたばかりの食器を片付けていた手をピタリと止めると、真帆は、牧村と同じ様に、冷ややかな視線を向けた。
「突っ立ってれば? 動かない方が、ずっと助かるわ」
あまりの言葉に、心奈は言葉を失った。愕然と立ち尽くした心奈をそのままに、真帆はしらっと立ち去った。

心奈の周りからは、忙しい声が聞こえる。
何番に何を持って行って。ありがとうございました。居酒屋独特のにぎやかな雰囲気だけが耳の奥に語りかけてくる。
食器のカチャカチャと擦りあう音や、調理をする音。
確かに心奈に届いているはずなのに、その音はどんどんと遠くなっていった。

そして、ただ立ち尽くしている心奈に、牧村は、更に追い討ちをかけた。
「てか、本当、邪魔。ただ突っ立ってるくれーなら、帰れよアンタ」
突っ立ってろと言われ、突っ立ってるなら帰れと言われ……けれど何も教えてくれる人も居ない……。

斜め下を見つめた心奈の瞳に、ぶわっと涙が込み上げてきた。
頬に流したくない。そう思いながら、必死でキョロキョロと瞳を動かし、涙を逃した。
「すいませんでした」
謝る声が震えた。
その心奈に背を向けた牧村は、一言、残し去った。
「使えねー奴なんかを、採用なんかすんなっつーの」





初日は数時間と言われ、最初からフルで入りたいと言っていた心奈だったが、
今は、その言葉に、これでもかと言うほど、感謝していた。

あんな時間が閉店時間まで続くなんて、きっと耐えられなかった。
きっと、あの中で、泣いていた。よく店を出るまで頑張ったと、自分を褒めてやりたかった。

もう泣いてもいい。よく頑張ったね。
思いながら、どんどんと頬に涙は流れた。
口から漏れる嗚咽は、どんどんと大きく、切羽詰っていった。
まもなく、立てなくなった心奈は、ガクっとしゃがみこんだかと思うと、そのまま尻をついたまま、まるで小学生の様に、泣き続けた。






よろしければ、応援お願いいたします ^^

……To Be Continued……
スポンサーサイト
  •   02, 2013 07:53
  •  0
  •  0

Comment - 0

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。