FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed

先輩には、ご注意 !! act 2

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓ 空にその存在をと現れた曇天は、心奈の気持ちまで、ぐちゃぐちゃにしていく。
時間にして、午後、4時30分。あともう少しすれば、バイトに行く時間だった。
昨日、あの夜、辛くて、辛くて仕方がなく、やっと泣き止んだと思った涙は、また、何度も、何度も頬に落ちた。
中々寝付けなくて、目を瞑ると、あの冷たい視線が襲ってきた。
耳をふさいでも、あの言葉が聞こえてきた。初日でこんなに精神的にきつくなったのは、初めてだった。

朝から、何度も、何度も、「もう辞めたい」そう電話をかけようとした。
だけど心奈は、辞めると電話をかける、その行為までもが恐く、かける事ができなかった。
行きたくない、行きたくない。心の中では何度だって言う事ができるのに、それを声に出す事が出来なかった。

そう思う心は、心奈の足までも動かなくしてしまった。
街の真ん中で立ち止まっている心奈に、男がぶつかってきた。
すいません。いつも出てくる言葉は、精神的ショックが余りにも大きかった為か、出る事は無かった。

そして、振り返った男の顔を見るなり、思わず息を呑んだ。
その男と視線があったが、驚きのあまり、心奈は声が出せなかった。
「あぁ、アンタか」
言葉を出したのは、牧村だった。しかし、たいして心奈に興味もないようで、スッと視線をそらしたかと思えば、
心奈に背を向けた。
そんな態度は、余計に心奈を傷つけた。まるで、自分が存在さえしていないかの様に思えた。
こんな扱いをされた事がない心奈は、またあの想いががこみ上げてきた。鼻がツンとしたかと思えば、ひとつぶ、ぽろっと
涙が落ちた。落ちた涙が地面に色をつけた時には、もう片方の瞳からもぽろっと涙が零れていた。

ひたひたと落ちる涙は、俯いている所為で、次々に地面に模様を作った。
心奈は鼻をズッとすすった。すると、全く聞いた事もない、いわゆる他人の、それも女性の声が聞こえてきた。


「ちょっと! お兄ちゃん、彼女泣いてるじゃない! こんな可愛らしい子を泣かすなんてっ、駄目じゃないの」
鼻を押さえ、何だと心奈が顔をあげると、30代後半の女性が、事もあろうに、前を歩いていた牧村の腕をひっつかむと、
ずるずると、心奈の前にと引きずってきたのだ。

ショックで涙が止まった。
「ほら、こんな街の真ん中で、喧嘩なんてするもんじゃないよっ! 慰めてやんな」
どうやら、女性が見たのは、丁度、牧村がなにやら一言、言ったあたりからだったらしい。
牧村は、思い切り顔をしかめている。
「はっ? つーか……」
言葉を出しかけて、まるで、何で泣いているんだと、今更驚いている様だった。
その女性の声が以外に大きく、周りにギャラリーが集まってきだしてしまった。
混乱を含んだ声で、心奈は口を挟んだ。
「あっ、あの、彼とは……」
「分かってるよ。仲直りしたかったんでしょ? まったく、こんなに可愛らしい子を泣かすなんて……。兄ちゃん、酷い事するわ」
「だからっ! 俺は関係っ――」
ないとは、言えない事に途中で気付いたらしい。確信は持てないが、自分と離れた直後に泣き出したと言うのならば、
自分に関係がある事になってしまう。牧村は、舌うちをし、面倒くさそうに頭を搔いた。

「ち、違うんですっ」
先ほどから牧村の態度を見ていた心奈は、早くも泣きそうに声を震わしながら言葉を出した。
そして、うまく言葉にならなくて、きゅっと口を噤んだかと思えば、其処にいる皆に背を向け、逃げる様に駆け出した。

残された牧村は、いっきに針のむしろ状態になった。
「いいの? このまま別れちゃって。アンタ後で絶対後悔するよ!」
もう、激しく勘違いしている女性に、牧村は激しく苛立ちを覚えたが、どう考えても、このまま心奈とは逆方向に歩ける雰囲気ではなかった。
ざわざわと騒ぐ声の中から聞こえるのは、どれも牧村を非難する声と、迎えにいけとの言葉だった。

牧村は、面倒くさそうに、空を仰いだ。
そして息を吐き、「何で俺が……」と呟いた後、心奈の後をと、駆け出した。





よろしければ、応援お願いいたします ^^



……To Be Continued…


スポンサーサイト
Category: 先輩には、ご注意 !!
Published on: Fri,  02 2013 08:08
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。