FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed

先輩には、ご注意 !! act 3

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓ 言いたい事なら沢山あった。
別に感情がない訳でも、神経が通っていないわけでもないのだから。

そんな目で見ないでとか、もっと言い方ってあるんじゃないの? とか。
私悪い事した? それに、絶対性格悪い! とか……。

けれど心奈の中で言葉は弾けても、結局外側には出てきてくれない。
感情は心奈自身とリンクしているのだから、自分が頑張る事が出来れば、何か変われるかもしれないのに、
結局臆病な自分がそれを、邪魔ではなく、拒否した。
だから、流れた涙の中には、自分自身の不甲斐なさや、腹正しさも混じっていた。
人の所為ばかりにしてはいけない。結局は、言いたい事をいえない自分が駄目なんだから。
弱い自分の心が、情けない自分の気持ちが、駄目なんだから……。
心奈は、そう舌唇を噛んだ。

「オイ」
心奈は、歩いていたその足を、体ごと硬直させた。
人気がない場所だからこそ、声もよくとおった。
声の持ち主は誰かと分かっているにも関わらず、振り向けない。
喉を鳴らした。

「聞こえてんだろ?」
声はどんどんと近くなる。そんな事を考えている間に、自分のすぐ後ろにまで、その声は来た。
(あんな目っ……もぅ嫌っ)
心奈は、ぎゅっと目を瞑った。
心奈が一切反応しないので、牧村は肩に手をかけ、むりやり自分の方へと向かせた。
それでも、心奈は目を瞑ったままだった。バランスが取れなくて、転びそうになったけれど、それでも目を開けなかった。
目を瞑っていたら、又、何か言われるかもしれない。思ったけれど、本当にあの冷たい目で見られるのが、耐えられなかった。

耐えられない気持ちと、次に口から出る言葉が恐く、瞑っている目の中に恐怖に怯える涙が溜まった。
(泣くなっ……、泣くなっ!)
しかし、涙は待ってくれなかった。心奈は、目を瞑ったまま、牧村の前で、頬に涙を伝わした。

目の前で、あからさまにつく、ため息の音が聞こえた。
「なんでさ、そんなに泣いてんの? 意味分からないんだけど」
「ごめん……なさい」
瞳を閉じたまま言った心奈だったが、どうやらそんな心奈の態度そのものが、牧村のイライラを刺激してるらしく、頭をガシガシと搔きながら此処でも舌を鳴らした。

もう限界だった。

心奈は目を閉じたまま、それ以上牧村に何も言わず頭を下げた。まだ頬は濡れたままだった。
そして、今度こそ、牧村に背を向けると、歩き出した。
けれど、目を瞑ったまま一歩を出したままだったので、その一歩でつまずき、前のめりになったかと思えば、膝を擦りむいた。

さすがの牧村も、転んだ女をそのままにして置くほど冷血なわけもなく、心奈の前に回りこむと、手を差し伸べた。
「目なんか、瞑ってるからだろ? ほら、手ぇ貸せよ」
心奈は一度、牧村の顔を見上げた。
たった昨日の出来事だったけれど、たった昨日の出来事だからこそ、まだ全然傷は癒えてなく、顔をくしゃりとさせたかと思うと、
声をあげて、そのまま、泣き出してしまった。






よろしければ、応援お願いいたします ^^


……To Be Continued…

スポンサーサイト
Category: 先輩には、ご注意 !!
Published on: Fri,  02 2013 10:01
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。