スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed

ハッピーエンドの法則 act 5

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓ ごめん、……てっちゃん。
無理だよ。


あの言葉が、頭から離れない。
受け入れられない。それを望めない。

「くそっ―――」
受け入れられない、あんな言葉。
何日たった今でも。

分かっている。先に突き放したのは、あの手を放したのは自分。
だから何も言えない。でも、そんな事できるはずもない。
あれから何度だって、電話した。家にだって行った。なのに、乃亜は、姿さえ、見せてくれなかった。
声だって、聞かせてくれなかった。

時間ばかりが二人の間を通り過ぎた。

それでも、あきらめるなんて、出来るはずもなく……。





「鉄?」


気が付いたら、乃亜の自宅へと足が向かっていた。

乃亜の自宅でもあって、仕事場でもある喫茶店の駐車場へと車を止めると、ちょうど店から出てきた琉香が、鉄哉の姿を見つけた。
「乃亜なら今日は居ないわよ」
エプロン姿の琉香は、そんなに時間はないけれど、と、鉄哉に口を開いた。
「病院、今日は検診の日だから」

「検診?」
鉄哉の言葉に琉香はうなずく。本当は、まだまだ口をききたくない、そんな思いも心の中にあるけれど、本当にこの二人が別れてしまえばいいなんて思ってなく、この何日かの間、必死で鉄哉が乃亜に、謝罪の心を見せていたのは見て分かったので、絶対言うなと口止めされていたにもかかわらず、琉香の言葉は滑り出てしまった。

「うん。すぐ近所に、大きな産婦人科病院、出来たでしょ? 乃亜、そこに通ってるの」
言っちゃった、琉香はそんな事を思ってしまったけれど、本当は、そう自分が望んだんだ、そう思った。

行ってあげて。そんな事、間違っても琉香は言わないけれど、その瞳が、それを語っている。
散々、罵倒して、あげくにひっぱたかれたけれど、琉香が自分の味方なのは分かる。

「ありがとう」
するりと出てきたのは、間違いなく心からの言葉。
簡単にいくなんて思ってない。だからこそ、ささいなこんな優しさがうれしかった。

もう、泣かさないで。そんな思いをふくめながら、琉香はゆっくりと頷いた。




「浜崎さん」
「あ、はい」
一時間前から、この待合室で待っていて、やっと名前が呼ばれた乃亜は、ほっと息をついた。
新しくできた事と、産婦人科専門の病院ということで、そこは、人で溢れていた。
でも、やっぱりそれなりの風格はあるのが分かる。
外見だっておしゃれだし、院内の雰囲気だって、なんだかおしゃれ。有名人が通ってもおかしくない様な、そんな感じ。

だけど……。

「あ、はじめまして、椎名といいます」
わ、若い……っ!
若すぎる!

なにこのイケめん先生? 顔で面接OKしたんですか?
こんなのに、私、診察されちゃうの?

「あ、あなたが、担当の先生なんですか?」
乃亜の質問に、その産婦人科医は、当然のように首を縦にふった。
その顔だって、なんだかさわやかだ。

「失礼ですが、お歳は……?」
「今年で三十路になります」
さ、さらりと答えちゃってるけど、若すぎるわよ~~!

じょ、冗談じゃない。
恥ずかしくて絶えられない。

「さ、こちらへどうぞ」

か、かかか帰る~~~~!!!



……To Be Continued…

よかったら、応援お願いいたします ^^

スポンサーサイト
Category: ハッピーエンドの法則
Published on: Wed,  28 2013 01:49
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。