リアルタイム: ハッピーエンドの法則 act 7 - スポンサー広告ハッピーエンドの法則

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

ハッピーエンドの法則 act 7

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓
だいすきだよ……てっちゃん。

デートした、帰り際、必ず乃亜の口からでてくる言葉。
なぜか、分からないけれど、鉄哉の頭の中に浮かんだ。

車の助手席は、この三年間、乃亜の専用席だった。
金曜日の夜、乃亜を隣にのせて、いつも自宅へと連れ帰るのが、楽しみだった。
どれだけ、その日が仕事で忙しくても、彼女の顔をみるだけで、全部、帳消しにできた。

乃亜の左手首につけていた香水は、鉄哉が付き合って一年目のクリスマスに贈ったプレゼント。
その香が、今もまだ、車の中に残っている。

学生時代、付き合いだして、初めて呼ばれた呼び名は、今もまだ変わってない。


周りと、ほんの少しでも違った所が欲しいという、ほんの些細な、乃亜の我侭だった。

乃亜の我侭は、時に、大きくなって自分を悩ませる事もあったけれど、いつだって、乃亜に救われたのは、まぎれもなく自分。

胸の中に思い浮かぶ感情は、全て乃亜を恋しがるもの。
後悔しても、今更遅いのは分かっているのに、その感情を、哲也は、制御できない。



「乃亜」
いつだって、そうやって、彼女を呼ぶのが好きだった。
初めて、彼女の事を、苗字ではなく、名前で呼んだ、あの時……哲也は、確かに幸せだった。








てっちゃん――――――。

「ごめんなさい、先生」
哲也ではない体が、自分を抱きしめる。その手を、乃亜はゆっくりと拒んだ。

すがりそうになる。でも、望んでいるのは、この人じゃない…・・・。
乃亜の手が、くしゃりと、椎名の白衣を掴む。
簡単かもしれない。甘えてしまえば。
でも、自分が甘えたいのは……この人じゃない。

恋しいのは……。


ゆっくりと、乃亜は、首をふった。

「てっちゃん……」

恋しい……。恋しくて、たまらない・・・・・。



……To Be Continued…

よかったら、応援お願いいたします ^^

スポンサーサイト
  •   05, 2013 18:50
  •  0
  •  0

Comment - 0

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。